相続・遺言書作成のことなら、平塚市の行政書士はやし事務所にお任せください。

〒254-0012 神奈川県平塚市大神1720番地の1

(業務エリア:平塚市、厚木市、伊勢原市など湘南地区ほか神奈川県全域)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

090-8510-9704

貢献度を評価してほしい(寄与分)

貢献度を評価してほしい(寄与分)

    亡くなった方に対し様々な貢献をした人はしなかった人より多くもらいたいというの
    は自然な感情とも言えるでしょう。

    そして希望した内容に遺産分割協議で全員が納得すればそのとおりに分けることで問
    題はありません。納得が得られない場合のために民法にあとから規定が追加されまし
    た。

    寄与分に該当するのは相続財産の維持、増加に貢献した人ですが相続人に限定されて
    います。貢献についても特別の寄与が必要です。事業への労務の提供でもそれに見合
    う報酬があったり、懸命の看護も配偶者の協力扶助義務や親族の扶養義務の範囲内で
    は認められず、それを超える財産上の維持・増加が明確なものとされています。
    ほとんど無給で手伝っていたとか、仕事をやめて看護したおかげで外部に看護人頼ま
    なかったため費用の支出をしなくて済んだ、などの場合です。

 

その他のメニュー

相続割合の基礎知識

遺言書がない場合、法律が規定する相続割合の基準となるものを説明しています。

相続が発生すると短期間にやるべきことがたくさんあります。

相続が発生したら、まずはご遠慮なく無料相談をご利用ください。安心と便利さが得られます。

お問合せはこちら

行政書士はやし事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。
お問合せフォームにて24時間受け付けております。
お急ぎの場合はお電話をお願いいたします。

お気軽に
お問合せください