相続・遺言書作成のことなら、平塚市の行政書士はやし事務所にお任せください。

〒254-0012 神奈川県平塚市大神1720番地の1

(業務エリア:平塚市、厚木市、伊勢原市など湘南地区ほか神奈川県全域)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

090-8510-9704

遺言書は必要か?

    遺言書作成に入る前に、遺言書を残すメリット・デメリットについて書かせていただ
    きます。

    遺言書、遺産争いなどごく一部の大資産家の話とイメージされている方もおられると
    思います。しかし実際には家庭裁判所が関わった遺産分割の3分の1は遺産1千万円
    以下
という統計もあります。我が家には関係ないという時代ではなくなってきていま
            
す。

    保険と同じようなものだと考えて下さい。縁起の悪いものではなく、ご家族の明るい
    明日を約束するものとご理解いただければ幸いです。

    備えあれば憂いなしです。

 

争族回避

   遺言書、遺言状など言い方に決まりはありませんが、作成するメリットは第一に相続人
   同士がモメる、いわゆる争族を防ぐことです。

   正式な遺言書を残していればそれに従って遺産分けをするだけです。民法は遺言者の最
   後の遺志を、死後に実現するための様々な規定を設けています。

   遺言書を残さずに亡くなると、相続人は遺産分割協議をして全員同意の文書にまとめ
   なくてはなりません。

   しかし遺産の中には不動産など分けづらいものもあります。預金・貯金など分けやす
   いものでも、亡くなった方への貢献度、兄弟間で学費や生活費の援助を受けた度合
   い、各相続人の現在の経済状況などの話が出てくれば収拾がつかなくなる場合もあり
   得ます。

   家族・親族がモメることを望む人はいないと思います。財産が皆の納得のいく形で分け
   られるようにとの思いを込めて、万一のために遺言書を作っておきましょう。

相続人の負担軽減

   第二に相続人の負担を大幅に減らすことができます。

   相続税が発生する場合は10カ月以内に税務署に申告しなければなりません。葬儀等を
   滞りなくとり行うとともに、多くの人は仕事もしながら相続人が誰で、どこにどれだけ
   の遺産があるか調べてなくてはなりません。亡くなった方には聞くことができません。

   それを調べた上で遺言書がないと相続人全員が納得する内容で遺産を分ける話し合いを
   しなければなりません。大変な負担です。

   相続税が発生しない場合でも、全員の合意を得る苦労は同じです。期限が決まっていな
   いからと後回しにする内に次の相続が発生して、なお問題が複雑化することもよくあり
   ます。

あの人に遺産を渡したい

   第三は希望する人に遺産を渡すことができることです。

   相続人以外に渡したい場合は遺言書が必須です。例えば入籍していない妻へ、世話
   になったあの人へ、などをお考えの方は遺言書によるしかありません。生前に贈与する
   と一般に相続税よりはるかに高い贈与税がかかります。

   相続人だけで分ける場合でも、子供がいないご夫婦で奥さんに全部を残してやりたい
   ど配分上特に配慮したい人がいる場合は必要です。

相続税対策

   第四に相続税の対策を考えるきっかけになります。課税対象となるのか?なるとしたら
   どういう節税対策があるのか?そのために遺言書の内容はどのようにしたら良いか?生
   前贈与をした方が得な場合があるか?などと対策を次々と実行していくことができま
   す。

費用の発生

   デメリットは公正証書にする場合は財産の額により公証役場への手数料が掛かります。

   自筆の場合は無料ですが、全文自筆する手間が掛かります。また遺言書の種類に関わら
   ず、専門家に作成サポートを依頼すればその費用が掛かります。

   しかし不備のある遺言書は逆に相続人がモメる原因ともなりますので、費用は掛かって
   も専門家に相談することをお勧めします。

その他のメニュー

遺言書の書き方

遺言書を書こうかな・・とお考えになったら、こちらをご覧ください。

遺言書を書く場合はこちらもご参照ください。

遺言書を書く場合はこちらもご参照ください。

お問合せはこちら

行政書士はやし事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。
お問合せフォームにて24時間受け付けております。
お急ぎの場合はお電話をお願いいたします。

お気軽に
お問合せください