相続・遺言書作成のことなら、平塚市の行政書士はやし事務所にお任せください。

〒254-0012 神奈川県平塚市大神1720番地の1

(業務エリア:平塚市、厚木市、伊勢原市など湘南地区ほか神奈川県全域)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

090-8510-9704

遺留分はどうやって計算する?(詳細)

 

例2)被相続人甲の遺産は2,800万円、相続人は子のみでABCの3人、遺言書はAに全財産を相続させるとなっている。Cは甲から特別受益となる生活費200万円を援助(贈与)されているが、その他に贈与等はない。また借金(相続債務)もない。

この場合、相続財産(遺留分算定基礎額)は相続開始時財産+贈与した財産-相続債務で計算されますので、
相続財産=2,800万円+200万円-0円=3,000万円
各遺留分額はBCともそれぞれ3,000万円×1/2×1/3=500万円
遺留分侵害額は遺留分額-相続額(贈与含む) となりますので、
B500万円-0円=500万円
C500万円-200万円=300万円です。
BCはこれをAに請求する権利があります。

実際にはかなり複雑な計算を必要とする事例もありますので、専門家に相談することをお勧めします。

お問合せはこちら

行政書士はやし事務所のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。
お問合せフォームにて24時間受け付けております。
お急ぎの場合はお電話をお願いいたします。

お気軽に
お問合せください